■2009年05月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界禁煙デー 

今日は世界禁煙デーと、世界保健機構(WHO)が定めているらしい

σ(‥`)は煙草を吸わないので、禁煙には縁がないんですけど
煙草を吸っている人は多いのかな(‥`?

周りに吸っている人が多いから... たぶん沢山いるんだよね
健康に好くないのに…

タスポが出来たり、煙草の値段が上がったり
いい事なんかないんだから辞めちゃえば好いと思うけど
吸っている人は禁煙って難しいらしい

麻薬と同じなのかな(‥`?

煙草を吸うとリラックスするらしいけど
でも実際にはストレスが溜まっているらしいね

つまり思い込みだけなんだとか…
スポンサーサイト

雨が続きますね 

雨が続きますね
カエル
さんが喜んでいるんじゃないかと思います

明日も雨のようです
来週も月曜から水曜までの前半は晴れるようですが・・・
週の後半から崩れるみたいです


明日は暖かいみたいです

今日は微妙に寒かったですけど…ね

トラックバックのテーマで
「雷は好き?きらい?」というのがあったので書いておきます


雷は大嫌いです
轟音は勿論ですが、何よりも稲光が嫌いです


まぁ師匠の雷よりかは好きですけど(笑)

一日中ずっと雨でした 

今日も雨でしたね
ずっと雨が続いています

明日も雨だそうです
どうやら週末になると崩れるようです


雨が降り続けると、些細なことで苛々としてきちゃいますね
人に八つ当たりはしません(笑)

でも暴飲暴食に走りがちです
(健康に悪いですね)

八つ当たりをするのは、クマのぬいぐるみ
(溜まったもんじゃないと思います)
かなり長い間、
それこそ赤ちゃんくらいから付き合ってくれているので
ボロボロですね

それでも捨てられません
自分の匂いが付いていて落ち着くんですよね


早く帰って来たときくらいは、早く寝ようかな?
でも眠れないんだよね

寝付き悪いから…

雨 

今日は1日中雨でしたね

明日も雨のようです
今日はバイクで行ったのですが…

明日も雨が酷いようならば、電車で行こうかな(‥`?


せんとくんにお兄さんとお爺さんがいたんですね
知りませんでした

鹿兄(ろくにい)と鹿爺(しかじい)というそうです
何か他にもファミリーがいるようです

阿修羅に酒呑童子、小天狗とか…

ボーカロイドコラボ再び 

『スカッとゴルフパンヤ』と『CVシリーズ』のコラボレーションが6/4に再登場
今度は第3弾のボーカロイドである『巡音ルカ』

pangya_luka.jpg

http://www.pangya.jp/event/vocaloid2nd/

特設サイトの影を見ると、ルーシアっぽい気もするけど
ルーシアではなく、どうやらアリンらしい
アリンは年齢設定も同じだし、ルーシアじゃ髪の色が同じで面白くないしね


arinruka.jpg
GMのブログに、巡音ルカの服を着たアリンがいたので間違いないかと…
意表を衝くようなことはないとも思うけど


取りあえずは、初音ミク(withクー)、鏡音リン(withエリカ)、鏡音レン(withケン)も
再販されるんじゃないかと思います
でも実際のところどうなるんだろうね…

クリプトンとの契約条件とかあると思うからね
まぁ… クリプトンのサイトとかブログの類を見ると、勝手にどうぞみたいな感じだけどね


『マグロ』クラブなんていうのは実装しないよね
ネギクラブのときみたいに、浅川悠さん(巡音ルカの担当声優)の声入りとか…
(英語が巧いようだから、英語で話すとかなら好いかな)

でも声入りのクラブは、正直要らないというのも本音だな


季節限定だったけど、たこいくんも再販をするのかな
巡音ルカの画像とか映像を見ると、何故かタコだったりするからね

マグロよりも、タコの方が印象が強かったりするよね


カツラ、ドレス、靴の3点セットで、200CP前後で販売かな
個人的には… 初音ミクみたいにカツラとヘッドマイクを分けてもらいたいな

明日から崩れるみたいです 

明日から崩れるみたいですね
取りあえず明日は、のようです


苛々していると何をやっても上手くいかないです
人間が出来ていないと、つくづく思います

仕方がないことなのですが、
班員の失敗が自分に圧し掛かってきます

その重圧に押しつぶされそうになったりで
テンションはダウン

気持ちをアップ状態に持っていても
ストレスが何か溜まる一方で
人の上に立つということを実感しています

少し慣れてきたかな(‥`? 

明日は雨が降るみたいです

主任という立場になって、ちょうど20日が経ちました
少し慣れてきたんでしょうか(‥?

何か楽に仕事ができるようになっている気がします
自分のペースを守りつつ、他の人に気を配ることは
まだ難しいですが、精神的に楽です

班の人や周りの人、上司にアドバイスを貰いながら
頼りなくも主任という仕事をこなしています

そう思っているのは、自分だけかもしれないですけど…

長い目で見守っていただければ好いかなという風に
考えられるまでには何とか成長しました(笑)

今日は食堂車の日&47歳の歌姫のその後 

今日は食堂車の日
1899年5月25日に、日本初の私鉄の山陽鉄道に食堂付一等車が登場した日だそうです

食堂車のある列車には乗ったことないです
因みに日本で現在、食堂車を連結して運行しているのは、北斗星とカシオペアのみ

日本に食堂車がなくなった理由は、駅弁の販売が影響しているみたいです
それに列車のスピードが、高速化していますしね

「狭い日本なのにそんな急いでどうするの?」っていうくらいに、あっという間に目的地に
着いちゃいます(笑)


イギリスとドイツには、試験的な運行のようですが、1車両丸ごとマクドナルドの列車が
何やらあるそうで・・・
その車両内でも食べられるそうですが、テイクアウトする(自分の席で食べる)ことも
出来るそうです


イギリスのオーディション番組の47歳の歌姫、スーザン・ボイルさんが
決勝戦へコマを進めたそうです

決勝戦は5月30日
優勝者には10万ポンドとRoyal Variety Showへの出演権が与えられるそうです

優勝して欲しいですね

今日は雨でした 

今日は久々の雨…
何だか... 雷も鳴っています

なんか貴重な休みがあっという間に終わってしまいました
もっと休みたいなという感じです

休み足りないという訳ではないんですけどね
たぶん休息は十分にとったと思うので…

早く自分の時間のペースを元に戻さないと
自分の性格上、落ち込むことはないでしょうが

でも出社拒否とかなっちゃうかも(笑)

笑い事じゃないですね

不景気ですしね
仕事が直ぐに見つかるとは限りませんしね

ネガティブにならず、ポジティブに
マイナス思考ではなく、プラス思考で

USA PANGYA 正式始動 

ALBATROSS18ことアメパンが、Hanbit(パンヤ元運営会社)との契約切れ(?)で
サービスを終了して、Ntreev(パンヤ開発、運営会社)USAにてアメパンが
再開されたわけですが…
オープンβを経て、正式稼動をし始めたようです


USA パンヤ公式サイト

CP商品も売られ始めました
CP(クッキーポイント)ではなく、Pts(ポイント)という表記です

pangya_000.jpg
Air Knight Unity SetというUSA PANGYAオリジナル(?)のクラブも販売されました
ルーキーF以上での使用が可能


説明文を訳すと...
「古典的なエアナイトクラブを実用的に設定し直し、新に開発したクラブ。
エアナイトユニティークラブセットはバランス性に優れた使いやすいクラブです。」


pangya_001_20090524114348.jpg
pangya_002.jpg
Golden EarthとGreen Earthというアズテックも販売されました

こちらもUSA パンヤのオリジナルなのかもしれません
ALBATROSS18のときは、アズテックを"Phoenix"と表記してましたが、
USA パンヤでは"Comet"という表記になりました


キャラクターの名前の変更がありました
ケンがScotだったのがNuriに、ダイスケがUncle BobだったのがAzerに…

五月病なんでしょうか(‥`? 

今日も好い天気でした
暑かったですけど、強風もなく穏やかな1日でした


やる気が起きないのって、五月病なのでしょうか?
ゴールデンウィークが明けて
班長(主任)という立場になったために気を遣ったり
仕事量が増えたので忙しくなったりしているので
疲れているせいかと思うんですけどね

どっちにしても休みの日はゆっくりしたほうが好いですね

でも五月病って、侮っちゃいけないみたいですね
鬱病になる危険性もあると聞きました

最近、五月病は子供にも多いみたいです

逆に子供の方が大人よりも
五月病から鬱病になる率が高いんだそうです


自作小説(?)第一弾 損料屋始末記
http://kin2009.blog41.fc2.com/blog-category-15.html
第1話を、5つのブロックに分けてみました
この方が読みやすいかなと思って・・・

不定期で更新をしようかと思っています
作者本人も今後の展開は予想できません

キャラクターの設定と大まかなことしか決めていないもので…

損料屋「三松屋」に御座候 ゐ-伍 

「小僧の仕事といえば、掃除じゃないかね。とは言っても、狭い店だから掃除も必要は無いね。」
喜助は考え込んだ。
「客の接待をしてもらっても好いが、長居をする客なんぞは少ないからね。」
さらに喜助は、深く考え込んだ。

「喜助さん、考え込んでいても何も始まらないわ。」
たえが助け舟を出すように言った。
「喜助さんが義父さまから教わったようになさったらどうかしら?」
「私が教わったようにかい?」
「そう。そうすれば、佐吉だって損料屋の仕事だって覚えられるだろうし、喜助さんのように目利きにもなれんじゃないかしら。」
「そうさね。私にはそれくらいしかしてやれないかね。」
喜助は頷き、言った。
「ならば読み書き、算盤はおたえの方が適任だね。私も出来ないことは無いが、そっちの方は苦手でね。」
「あら。佐吉に教えられないほど苦手にしているなら、喜助さんも佐吉と一緒に指南しましょうか?」
たえは微笑みながら言った。
「おたえ、それはないさね。主人としての私の面目が丸つぶれだよ。」
「あら。」
喜助とたえの会話に、佐吉はクスッと笑った。
「佐吉のヤツ、笑いやがったぞ。」
「まぁ、可愛いこと。」
「すみません。」
佐吉は、咄嗟に謝った。
「何を謝ることがあるんだい?佐吉は、何もしていないだろうに・・・、もしや笑ったことを誤っているのかい?」
佐吉はコクッと頷いた。
喜助は、微笑みながら佐吉の頭に手を乗せて言った。
「そんなことを気にする必要なんぞはないさね。人を馬鹿にして嘲笑うのはいけないがね。会話を聞いて笑いを噴き出すのは構わないんじゃないかねぇ。なぁ、おたえ。お前もそう思うだろう?」
「そうね。睦まじい笑いは気持ちが好いから、構わないんじゃないかしら?」
「そういうことだ。悪いことをしたわけでも無いのに、無闇に謝るもんじゃないよ。佐吉、解かったね。」
「はい。」
佐吉は、笑顔で返事をした。

こうして私の損料屋"三松屋"での生活が始まったのでございます。

風が凄いです 

今日は風が凄かったですね
1日中、木々が鞭のように撓っていましたね

それにしても暑かったです
なんか梅雨を通り越して、夏が来てしまったようですね

パソコンも体調も芳しくないです
風邪をひいているという訳ではないですけど

疲れているんですね きっと
自分で言うのもなんですけど・・・

小満 

今日も暑かったですね
一週間ほど暑い日が続いていますね

明日から崩れるようなことを言っていました

今日は小満です
太陽の黄経が60度のときで、万物が次第に成長して、
一定の大きさに達する頃です


どうも暑い所為か
やる気が全くないです

こんなんではいけないという
自分との葛藤の毎日が続いています

気を遣う立場となってしまった所為か
疲れモードも全開です

ヤバいぞ 

暑かったですね

豚インフルエンザの感染者が、神戸、大阪に続いて
滋賀と東京にも広がってしまいました

ヤバいですね

滋賀の大学生は神戸に行った
東京の高校生はアメリカから帰国した

感染ルートはわかっているようですけど…
日本中に広がるのも時間の問題なのでしょうかね

体調は問題ないと思うのですが、少し精神的にヤバいかも
仕事は忙しいし、パソコンは調子悪いし

ちょっと機嫌が好くないです
笑顔で過ごしたいんですけどね

少しばかりしかめっ面になっているみたいです

暑い日が続きますね 

今日も暑かったです
取りあえず明日も夏日のようです

豚インフルエンザの感染者の数が日増しに
増加していますね

高校生だけではなく、中学生が感染して
幼児までも感染したみたいですね

毒性は弱いと聞いているので、大丈夫かなとは思いますけど
でも用心に越したことは無いですね

国民の不安を呷っているのは、日本政府じゃないのかな?
真面目に国民の安全を考えていてくれてはいるんでしょうけど…

とは言っても、楽観視しているので不安は無いですけどね

そりゃ… メキシコ、カナダ、アメリカで感染が確認されたときは
どうしようと思いましたけどね

暑かったですね(^^ゞ 

今日は暑かったですね(^^ゞ
天気が好いのは嬉しいんですけど…

こう寒かったり、暑かったりと
気温の変化が激しいと体調を崩してしまいそうです

豚インフルエンザも蔓延流行しているようですし
体調を崩した日には、かなりヤバそうですね

気をつけないといけませんが
体調って言うのは油断しているとガタッと崩れますからね

気を張っていれば好いんですけど
でも気を張り切りすぎると逆に疲れてしまって
体調を崩してしまうことがあるんですよね

そのバランスが難しいわけですけど
こっち側(関東)に豚インフルエンザが
来ないように祈りつつ
(神戸、大阪の方々には悪いですが)
何とか体調を崩さないようにしないといけないです

昨日のご機嫌は何処へ?? 

雨が降っていなかったし、
曇りでもなかったような気がするので
晴れかな?

それにしても風が強いです
(あくまでも東京の話ですけど)

昨日のパソコンが機嫌が悪かったのは
やっぱり飛行機やヘリコプターの所為だったんでしょうか?

因みに今日は機嫌が好いです
すこぶる順調に動いています

損料屋「三松屋」に御座候 ゐ-肆 

「佐吉や。食べいて好いから、聞いておくれ。」
佐吉はコクッと頷いた。
「私は損料屋"三松屋"の主人、喜助。今し方、使いに出したのは妻のたえだ。私と妻とで、小さな損料屋を営んでいる。店は、先代つまり私の父親から譲り受けたものだ。」
「そんりょうや?」
佐吉は首を傾げた。
「おや佐吉、お前は損料屋を知らないのかい?」
佐吉は頷いた。
江戸に住んでいて損料屋を知らないとは珍しいこともあるものだと思いながら、喜助は自分の店の生業を説明した。
「損料屋というのは、蚊帳に炬燵、鍋や釜に蒲団、褌に至るまで所帯道具ならば何でも低額で賃貸しすることを生業にしている店だ。まぁ十六文や二十文で貸し出すわけだから、贅沢は出来ないが、私とたえ、佐吉の三人くらいなら日々の暮らしには困らねぇくれぇの稼ぎはある。」
「はい。」
佐吉は返事をした。

「ムリに思い出すことはないさね。ゆっくり思い出せば好い。」
「はい。」
「親分が、早くおとっつぁんとおかっつぁんを見つけてくれると好いな。」
「はい。」
返事を返した佐吉に、喜助は言った。
「遠慮はすることねぇぞ。自分の家のつもりで居て構わねぇからな。」
「はい。」

佐吉は、喜助の言葉にふと思った。
(自分におとっつぁんとおかっつぁんは居たのだろうか?ずっとずっといなかったような気がする。)

たえが佐吉の着物を買って来て、言った。
「似合うといいけどね。」
「たえの見立てはなかなかのものがあるよ。だから似合うさね。」
喜助はそう言って、風呂敷を解いた。

「さぁ寝間を着替えて、店を開けようさね。」
「はい。」

たえの見立てた着物に佐吉は、袖を通した。そして喜助に言った。
「あの私は・・・、何をすれば?」
「おや、てめぇを私と言うところを見ると、どこかの店で奉公していた小僧だったのかね。」
喜助が言った。
「そうね。」
「わかりません。」
佐吉は項垂れながら言った。
「いいさ、いいさ。ムリに思い出すことはないさね。」
喜助は優しく微笑みながら言った。

損料屋「三松屋」に御座候 ゐ-参 

親分が去って、たえが言った。
「名前をつけないといけないねぇ。名無しじゃ都合が悪いわよね。」
「そうさね。」
少年は蒲団の上できょとんした顔をしている。
しばらく考えて、喜助が言った。
「佐吉というのは、どうかね。」
「・・・・佐吉、いい名じゃない。喜助さんの感性から言えば、上出来ね。」
たえは言った。そして喜助はポンと手を打ち、少年に微笑みながら言った。
「決まりだな。お前の名前は、佐吉だ。本当の名を、おとっつぁん、おかっつぁんから貰った名を思い出すまでは、佐吉だ。」
「さ・き・ち!?」
少年は目の前の二人から名づけられた名を口にした。
「そうだ、佐吉だ。」
喜助は、佐吉の頭を撫でながら言った。
佐吉は、嬉しそうにコクッと小さく頷いた。
「佐吉、お腹は空いてないかい?」
たえが言った。『グゥ~』 と腹の虫が鳴った。
「それりゃ空いているさね。正直な腹を持っているな。」
喜助は笑いながら言った。
「なら朝餉の支度をしようかね。ちょいと朝餉には遅すぎるけどね。その間に、蒲団を上げておいておくれな。」
「はい。」
佐吉は、蒲団から完全に起き上がって返事をした。

蒲団を片付けている間に、たえは簡単な朝餉を拵えて戻って来た。
「こんなもんしかないけど。」
握り飯と味噌汁、漬物を出して、たえは言った。
「いただきます。」
佐吉は言って、握り飯をパクついた。
『ごほっ』
「慌てて食わずとも、誰も取りゃしねぇしねよ。」
佐吉は照れたように頷いた。
「余程、腹が空いていたんだろうね。」
「そうさな。」
握り飯を頬張る佐吉の顔を優しく見詰めながら、喜助とたえは言った。

「おたえ。佐吉が飯を喰っている間に、古着屋へ行って佐吉の着物を見繕って来てはくれないかね。店の品を着せるわけにはいかないからね。」
合点がいかない顔をしているたえに、喜助は言った。
「何時までも、寝間のままでいさせるわけにはいかないさね。」
「それはそうだわね。」
たえは財布を取り、損料屋"三松屋"を出た。

損料屋「三松屋」に御座候 ゐ-弐 

「喜助さん、喜助さん。ちょいと来ておくれな。」
損料屋"三松屋"の女将、たえは、店の戸を開けるなり奥にいる主人、喜助を呼んだ。
「なんだい。朝っぱらか大きな声を出して、みっともない。」
主人の喜助は、文句を言いながら奥から出てきた。
「みっともないも何も・・・・、ちょいと見ておくれよ。」
たえの言葉に、喜助は店表を覗き込み、素っ頓狂な声をあげた。
「どうしたんだい?いったい何があったんだい?」
「あたいに言われてもね。」
たえは冷静に言った。
「行き倒れかね・・・。まだ子供だというのに・・・。」
「それにしちゃおかしくないかい?」
「なにが?」
「寝間のままというのがさ。」
「言われてみればそうだね。」
「火事にあってはぐれたか、強盗にでもあって逃げてきたかだね。」
喜助は、店先に倒れている少年に声をかけた。
「坊主、どうしたんだい。おいっ、起きろや。」
しかし少年の返答はない。たえが言った。
「どうしたんだろうかね。気を失っているのかしら?」
喜助は考え込んだ。
「北森の親分さんに報告をしようにも、まだ時間が早すぎるしね。家の中へ入れてやったらどうかしら?」
「そうだね。」
喜助は少年を抱え上げて、家の中へ入れた。そしてたえの敷いた蒲団に寝かせた。

喜助とたえは、少年を寝かせた蒲団を気にやりながら朝食を摂り、巳の刻になって北森の親分を喜助は呼びに出た。

程なくして、損料屋"三松屋"に戻って来た。そして三人で少年の顔を見詰めていると、少年は目を覚まし、見慣れぬ面々に目を丸くして、きょろきょろと辺りを見回した。

北森の親分が聞いた。
「坊主、名はなんて言うんだ?」
少年は、横に首を振った。
「わからねぇのか?」
少年は、無言で頷いた。
「何処から来たんだ?おっとつぁんの名前は?おかっつぁんの名前は?」
答える暇もなく質問をする親分に、喜助が言った。
「親分、そんなに立て続けに質問をしたって、答えられないさね。」
「そりゃそうだ。家は何処なんだ?」
少年は、横に首を振った。自分のことを何一つとして覚えていない様子の少年に、親分は困り果てたように言った。
「坊主、何か覚えていることはねぇのか?」
「暗い暗い道を走っていた。」
少年はむくっと起き上がり、口を開いた。
「なんだ!?それは覚えているのは、それだけか!?」
少年は頷いた。
「なんなんでしょうかね?」
「はて!?」
三人の大人は、首を傾げた。
「考えていても埒が明きませんよ。親分さん、取りあえずこの子の身元を探して下さいな。その間、この子は私の元で預かりますから…。」
喜助は言った。
「そうだな。」
北森の親分は僅かばかりの銭を受け取り、重い腰を上げた。

損料屋「三松屋」に御座候 ゐ-壱 

私は、江戸深川佐賀町にある損料屋"三松屋"の小僧、佐吉と申します。当年とって、十歳になります。
何故… 損料屋などに奉公してしまったのかと後悔しております。

とは言え、私にはどうすることも出来ません。

「損料屋」というのは、夏の蚊帳、冬の炬燵から、鍋、釜、蒲団、褌に至るまで所帯道具の一切を低額で賃貸しをするのを生業とする店でございます。
江戸は火事が多い町で、大火になることもしばしばあり、所帯道具を一夜にして失ってしまうことなどは珍しいことではないため、「損料屋」という商売が重宝しているそうです。
「損料屋」は、隠居した老翁が営むのが一般的だそうでですが、私の奉公する損料屋"三松屋"の主人は二十歳と若く、主人のような若者が損料屋を営んでいるということは稀なのだそうです。

主人の名前は喜助といいます。
たえという二歳年上の内儀がおりして、主人と女将の二人で店を切り盛りしております。

店は繁盛しているようで、勿論大店のように大きな金子が動くようなことはございませんが、小僧の私一人を雇うくらいは何とかなるようです。

主人は父親であるから損料屋を受け継いだそうで、そして女将のたえは主人のいとこにあたるそうです。

お互いに惹かれあって一緒になったのではなく、成り行きで一緒になったのだと女将さんは、始終私に愚痴を零しております。
しかし憎まれ口というわけではなく、本当に好いているからこそ言える愚痴なんだと思います。

先ほど私の名前は、"佐吉"と申しましたが、それが両親から名づけてもらった名なのかどうかはわかりません。
というのも私には、ここ損料屋"三松屋"に来る前の記憶がないのであります。何処で何をしていたのか、何処に住んでいたのか、両親の名は、家族はあるのかないのか・・・・、そういった記憶の全てが抜け落ちているのであります。それ故に、私の年齢が十歳であるかどうかも定かではなく、主人である喜助が私の見た目で決めた年齢であります。

ただ私が覚えているということを申すならば、暗い暗い闇の中を走っていたということだけであります。ただそれが夢なのか現なのかはわかりません。

私は、二月前の朝、損料屋"三松屋"の店の前に、寝間のままで行き倒れていたそうです。火事で逃げる際にはぐれたのか、奉公先が盗賊に遭って逃げてきたのか、何しろ私には記憶がございませんので、どう申し開きをすれば好いのかわかりません。ただ私の身元を、目明しの北森の親分が探し回ってくれているそうですが、私の身元が判ったという吉報はなかなか届きません。

目明しというのは、「大江戸八百八町」と称されます広い江戸の町の巡回や事件の探索、家出人や迷子の捜索など江戸で起きたことを町同心と呼ばれる二本差しの方々がお勤めをしているわけですが、その同心は南北の奉行所に各百二十人前後しかいないために、目明し通称岡っ引きと呼ばれる町人が代わって御用利きを勤めているのです。
町人ながら幕府の御用を勤めるとあって、つい虎の威を拝借して権威を振りかざし、庶民の弱みに付け込んでは強請や集りまがいのことをするため、江戸の町に住む者に好くは思われておりません。
しかし目明しの機嫌を損ねては暮らしがなり行かぬので、庶民は黙って見過ごしているのであります。
北森の親分の本名は、政七といいます。本来ならば政七親分と言うのが正しいのでしょうが、家が北森という場所にあるので、親しみを込めてそう呼ばれています。

第731回「早起きする方法」 

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは「早起きする方法」です。

ここ最近、過ごしやすい気候が続きますね。
つい、うっかり、寝すぎてしまうことも多いかと思います。

水谷は早起きするために、アラームを15分置きに3回ずつ鳴らします。
1回のアラームでは、なかなか起きることは難しいですよね。

あとは、携帯電話を枕の下に置いて
マナーモードにして、ア...
第731回「早起きする方法」



早起きとは、自分にとってガキの頃からの習慣ですか
なのでその方法は考えたことも無いんですけど・・・・

毎日、一応小さな目覚ましをかけています
でも殆ど必要ないです

敢えて言うならば
ガキの頃にお世話になっていた師匠の起こった顔を思い起こせば
飛び起きます(笑)


鬼のような形相ですから…
はっきり言います 「師匠の本性は鬼です。間違いありません。」


因みに習慣で、毎朝5時には目が覚めてしまいます

小説もどきを書いてみました
面白い面白くないに関わらず、不定期で書いていこうと思っています

因みに処女小説です
かなり長文になってしまいました

エコポイント 

夕方になって寒くなってきましたね
明日は天気が崩れるみたいです


エコポイントの制度が始まりましたね
地デジ対応テレビ、冷蔵庫、エアコンの内、
エコポイント対応の商品を購入すると、
もれなくポイントがもらえるというものですが・・・
利用します?

まだポイントは受け取れねぇし、
どういう形でポイントを受け取れるかも決まっていない
ポイントセンターで受け取るようですが、そのセンターすら出来ていない

実際に受け取れるのは、8月以降になるそうです

見切り発車も好いところです

しかもポイントを受け取るには、
何れ出来るであろうポイントセンターに「レシート」、「保証書」、
「エコポイントの申請用紙」を同封して
郵送をしなくてはならないという超⁵面倒臭ぇ作業を
しなくてはならないそうです

レシートや保証書って、コピーで好いんですかね
それともポイント申請後に、送り返してくれるんですかね

悪用されても困りますし、保証書が無いとぶっ壊れたときとか大変ですよね

29億円でしたっけ?
エコポイント導入のための経費って・・・

そんなことに借金をするなら、
もっと他のことに使えと思っちゃいますね
お役人さんはお役人さんで、
エコポイント推進のために経費が出るんだとか
ふざけていると思いません!?

今日、韓国はイエローデー 

相も変わらず、暑い日が続いていますね
体調は崩してませんか?

連休明けから班長(主任)という立場になってしまった為に
自分は気を張って仕事をしている所為か
今のところは平気です


今日、お隣の韓国はイエローデーだそうです
バレンタインデーとホワイトデーでカップルと相成った
男女が、それを祝う日だそうです

確か薔薇の花を贈りあうんだったけな(‥?

因みにバレンタインデーでもホワイトデーでも
カップルになれなかった男女は
3/14のブラックデーなる日に、黒い服を着て
黒いラーメンを食べるそうです

日本はバレンタインデーとホワイトデーのみですが
ブラックデーもイエローデーも淋しいと思いません?

だってブラックデーは恨み辛みだらだらですし
イエローデーもひけらかしているだけのように思えません?

自分はそんな風にしか思えないんですけどね

まぁ… 日本と韓国の美意識の違いなんでしょうね

体調は崩してませんか? 

天気が好くて、暑い日が続いていますね
体調を崩してませんか?

夕方になると寒くなるというのが…
唯一の救いというか、本格的な夏とは違う
好いところなんでしょうか

そのお陰なのかどうかはわかりませんが
自分の体調は良好です

持って生まれたものなのか
そうは体調を崩さないですけど


さて今日は、カクテルの日だそうです
なんでもカクテルという言葉が生まれた日なんだそうです

カクテルはあまり知りません
酒は好きですけど、カクテルはそんなには飲まないので

まぁ唯一バカの一つ覚えで知っているのが
"レッドアイ"というカクテルです

因みにビールとトマトジュースを合わせるカクテルです

暑いですね 

暑いですね
マジで梅雨を通り越して、夏が来たようです

でも暑いのは、ここ2、3日のことなんですよね
もっと前から暑かったような気がしていたんですけど…

急激に異常な暑さになったからなんでしょうか?
それにしても5月なのに、半そででいられるというのは
異常事態ですね

冷夏にならないと好いんですけどね


記事のフォントを
"みかちゃんフォント"から"MS Pゴシック"に変更しました

"みかちゃんフォント"だと、♭、‡などが違う文字に置き換わってしまうので
止めにしました

夏なの!? 

夏が早くも来てしまったんじゃないかという
感じなんですけど… どうしちゃったんでしょう?

まぁ暦的には夏なので、おかしくはないのでしょうけど
でもやっぱりヘンですよね

それに日中は暑いですが、日が落ちると涼しくなるので
やっぱり本格的な夏ではないですけどね
夏だったら、熱帯夜というものがありますけど…


話は変わりますが…
民主党の小沢さん、代表を辞任だそうで
今頃どうしちゃったんでしょうね?

本人は、「選挙とは関係ない」と言っているみたいですけど
どう考えても選挙がらみとしか思えないですよね

この時期に辞任を表明するなんて…
もっと前に、政治献金の問題が発覚をした頃に
辞任をしていれば、多少は高感度が上がったかもしれないのに…

本人も、民主党もね

母の日 

今日も好い天気でしたね
しかし暑かったです


もう炬燵を仕舞おうかなと思っているのですけど
片付けると寒くなりそうなので仕舞わずにいます

あと1週間くらい片付けずに置いて
寒くなかったら仕舞おうかなと考えています


今日は母の日ですね
ところで感謝の気持ちの何かをしましたか?

毎年のことなのですが
自分は実母と義姉(長兄の嫁)に
カーネーションの花束を贈りました

直接ではなく、宅配ですけど… (。´-ω・)ン?ナニカ!?
感謝の気持ちがあれば、贈り方はどうでもいいですよね

ちゃんと「ありがとう」のメールと電話を頂きましたし…

今日は暑かった(^^ゞ 

今日は晴れました
それに暑かったですね(^^ゞ

今日はアイスクリームの日
だから暑かったんでしょうか?

そんなことはないですね
でもアイスクリームを無性に食べたくなりましたね

そう思いつつも、食べませんでした
暑いときって… 何故か飲み物に欲求が奔るんですよね

それにしても
寒かったり… 暑かったり…
身体の調整が大変です

今日みたいな暑い日があると薄着でないとダメだし、
かといって雨が降ったりして寒いと厚着でないと寒いですしね

まぁ真冬のような厚着はないですけど…
でも冬物をなかなか仕舞えずに困っています

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

青刈りボーズ

Author:青刈りボーズ
無類の酒好き(?)です
上司、同僚、リア友などから、“笊”とか“蟒蛇”とか“虎”とか好く言われることがります
しかし本人に全くその認識は
ありません


アダルトな内容のコメントは
固くお断りいたします

QRコード
篆刻素材AOI Emperor Penguin Empire イラそよ ポカポカ色 わるくま オリジナルフォント【みかちゃん】 スカッとゴルフパンヤ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。